ひっそりと群生

ひっそりと持ってるCDの情報やゲームの感想上げたり。購入物の記録など。気ままに。飽きっぽいので途中で止まったらご愛嬌。

【Princess Holiday ~転がるりんご亭千夜一夜~】感想

なんとなくオーガストの作品を最初からプレイしたくなったので中古で初回版を購入part2。



2002年09月27日発売
オーガスト』※リンク先公式HP(18禁)
Princess Holiday ~転がるりんご亭千夜一夜~】(PC)(18禁) ※リンク先wiki
以下ネタバレ含めての感想です。








実を言うと、このプリホリPS2版、自分が明確にギャルゲーをやったと認識している作品の一番最初になります。
ノベルゲームはフリゲなどでプレイしていた記憶がありますが、ギャルゲーはコレが初めてのはず、はず。
オタクは最初にプレイした作品を親と思うとよく聞きますが、その後オーガストに染まることはなく、萌え系だけに走る事も無く、むしろ最初の作品がオーガストと言うと驚かれそうなので自分でも傾向の変化に驚きです。
と言いつつ、話の内容自体はHシーン以外そんなに変わりはないのでPC版プレイ中はとにかく懐かしい気持ちでプレイしていました。
しかし、プレイしていくと
PS2版には男性キャラにも声が付いていた
・「ディアナ」が追加されている
・EDのBGMに鳥居花音さんの歌が付き歌唱曲になっている
・EDやイベントの追加
などなどかなり豪華な変更があったのだと知りました。
プレイ開始後に「あれ…男に声がない…」と驚いたものです。
特にエレノア、レイチェル、ラピスは一つのEDしかなく、PS2版ではもう一つEDが追加されていたので「PC版ではED一つだったんだ…」と新たな発見をしました。
Hシーンを求めなければ正直移植版の方が豪勢だと思ってます。
PS2版に追加されたEDの方が幸せに見えるのもいくつかあるので…
とは言いつつも、元のPC版もプレイできて良かったです、PS2版をプレイした当時の気持ちを思い出しプレイする事が出来ました。


システムはバイナリィ・ポットより快適に、移動選択中にセーブできるようになってます。
また、文章も読みやすくなったので凄いなと。
一つ焦ったのはレティが最初に歌うシーンで一瞬止まった事。
ゲームが応答しなくなったので焦りました、しばらくしたら進みましたが…あそこから先に進めないのでは?とヒヤヒヤしました。


プレイ順は
レティシア→シルフィ→エレノア→レイチェル→ラピス→TRUE END
の順で攻略



レティシア ルート』
まぁ王道のお姫様ルート。
誰のルートから行っても良いですが、一番は彼女のルートがいいとは思います。
主人公の出生の真実が明らかになったり、何もかも王道でOVAで彼女のルートがアニメ化されたのも分かります。
見てませんが…wikiで見た感じそうなのかなと。
お忍びで来たお姫様と結ばれる…ローマの休日かな?という王道ストーリーの中、最後には別れる事もなくしっかりと結ばれるので安心して見れる恋愛物語でした。


『シルフィ ルート』
この子だけPC版から2つEDあったのですね。
そりゃ人気も出るはずです、人気投票1位おめでとう。
結ばれて神官EDも好きですが、何も起こらずフワフワとした妹EDも好きです。
木陰の下でゆっくりとこれからを過ごして欲しいです。


『エレノア ルート』
ツンデレというよりも真面目デレ。
真面目で真っ直ぐなキャラに海原エレナさんの声が似合います。
初めて海原エレナさんのお声に触れたキャラです。
実はPS2版だと王配EDがあるキャラその①。
PC版だと駆け落ちEDしかなくて驚きました。
王配になった後、剣術大会優勝者の王妃様として活躍するエルのおまけなど中々に好きだったのでPC版で無くて少し悲しいです。
格好いい王妃として国を収めるの凄く好きでした。


『レイチェル ルート』
頼れる皆のお姉さん。
他ルートで出てきた義賊シャドウムーンのルートでもあります。
初めて北都南さんのお声に触れたキャラです。
実はPS2版だと王配EDがあるキャラその②。
こちらも駆け落ちEDしかなくて残念。
エルとレイ姉のドレス姿がCGで見れるのでPS2版もオススメです。
べっかんこうさんの当時描かれていたドレスの凶器になりそうな腕の鋼のようなアクセントも健在です。


『ラピス ルート』
声とかがめちゃくちゃ好みなのはラピスです。
見た目は…当時を考えるとやっぱりハーマイ◯ニー??
彼女のED、PC版では特に不老不死を解決しないまま進むのですね…
不老不死だけど、どうしようか~とりあえず平凡に暮らすか~みたいなEDだけでビックリ。
PS2版では不老不死をどうにかするルートがあったような記憶…記憶の彼方過ぎて信憑性が微妙ですが。
そしてその不老不死をどうにかする過程でシンフォニア王国の歴史にも触れたような…あやふやですがPS2版の方が真相に触れた気がします。
また思い出す為にプレイしようかなと思いました。


『TRUE END』
なんというか…とんでもSF展開です。
はにはにでも思いましたがオーガストSF好きなの??
ってかTRUEでいいのかコレ?…いや、確かに皆から離れてHAPPYではないけど真実ではあるのか…
ここで、地球に現状を伝える為に地球に行くのですが、TRUEで受信に気付いてなかったら地球人が押し寄せてきてたって事ですかね?
となると他キャラのEDはそのあと地球人が侵略に…Kanon現象??
シンフォニア王国の成り立ちから宇宙に飛び出したり急にトップをねらえ!みたいな展開になります。
宇宙に行ったら時間経つの早いよね、分かる。
PS2版でもこのEDが流れた瞬間!!?となったのを覚えています。
今までSFじゃない中でSF展開来ると焦るよね…とても焦りました。
なんだかんだ急展開を迎えますが最後にはレティと再開できてHAPPY END!!な所にオーガストを感じます。
地球でお姫様を捨て普通の学生をやってたり…ファンタジーよりもSF、学園モノやりたかったのかな?と思わなくも…
そして次回作を考えると願いがかなったのかな?と思わなくもないです。



確実に前作よりもクオリティアップしていました。ここから次作で地位を確率するのですね…。
バイナリィ・ポットでも言いましたが師匠といいウェンといい、べっかんこうさんの書かれる男、オッサンキャラはやっぱり好きです。
はにはにPS2版でプレイ済で話は知っていますが、元に触れるの楽しみです!!



※ゲームの攻略で検索される方がいらっしゃるみたいなので参考にさせて頂いた攻略サイト様を失礼します。
 参考攻略サイト様:愚者の館(アーカイブ) 様
http://sagaoz.net/foolmaker/
 Princess Holiday ~転がるりんご亭千夜一夜~ ページ
http://sagaoz.net/foolmaker/game/h/priholi.html