ひっそりと群生

ひっそりと持ってるCDの情報やゲームの感想上げたり。購入物の記録など。気ままに。飽きっぽいので途中で止まったらご愛嬌。

【専属メイドに夜露死苦!】感想

【男性向け18禁】



2018年08月10日発売
Ryunos』様 ※リンク先公式HP
専属メイドに夜露死苦!】(PC)(18禁) ※リンク先DLsite.com(18禁)
以下感想です。








テンション↑↑
孤独を埋め合う超特急のハイテンションラブコメ!!



『幼い頃から身内の不幸が続き、親族が極端に少ない主人公、骨皮一。
 最後の親族である祖父が亡くなり、自暴自棄になっていた。
 そこに現れたのはスケバン風の殺し屋、鬼龍院セイラ。
 「……骨皮一。お前を、殺しに来た」
 死を目前にヤケクソになった主人公は殺し屋の胸を揉んでしまう……。
 殺し屋の胸を揉んで始まるハートフルラブコメディ!』
(公式より引用)



殺し屋に常に狙われ続ける…
という世界観が世界観なら陰鬱になりそうな展開ですが、こちらの世界はギャグ時空。
常にテンションマックスで鬱要素無くヒロインと主人公が物語を駆け抜けて行きます。
ダレる事無く明るく楽しく進むのと、読むのが遅い自分でも1~2時間で終わるというサクサクっぷり。
とても良いラブコメでした。


主人公のハジメも孤独を抱えつつも前向きで明るく、ヒロインのセイラも強く明るく逞しく。
そんな二人がどんどん手を取り合って行く姿が輝かしく。
真っ直ぐな二人が真っ直ぐにひたすらに孤独を埋めようと愛を求めて進んでいく姿が眩しかったです。



『システム、演出』
ティラノ製。
とりあえず、メッセージ速度のどっちが速でどっちが遅かの表記が欲しかったです。
初期設定で困りました。
あと、SEとボイスが一緒なのは如何なものかと思います。
開始時にSEとボイスの音が大きくて驚きました。


『音楽』
どの曲も好きですが…OPとED良いなぁと。
声優さんの声質かなり好きです。
ヤンキー系のヒロインで声が高い方でなく低めの声で大変嬉しかったです。
低めの女性声やハスキーボイスが好みなので。


『絵』
イラストはセイラのみ。
立ち絵、CG共に綺麗です。
立ち絵のポーズは一枚だけですが表情がコロコロと変わるので見てて楽しかったです。
慌てた時の顔が可愛い。


『物語』
常にテンション高くサクサクと進むのがGOOD。
テンションは高い中でも、主人公とセイラさんの孤独が描かれて、笑いながら切なさも噛み締められました。


『好みのポイント』
固定ヒロインが大好きなので大満足。
そんなにシリアスになる事も無く、短い中でテンポ良く進みます。
主人公の願いも叶い、タイトル回収も綺麗で、始終楽しい気持ちで進む作品でした。





以下ネタバレ含めての感想です





世界設定やノリはかなりギャグ時空なのですが、それでも互いの孤独がしっかり描かれ。
主人公の「独りに成りたくない」という強い意志を感じました。
主人公が素直で直球なのが好きです。
「もうセイラさんしか居ない」
「味噌汁を毎日食べて欲しい」
などまるでヒロインのようで…
いや、セイラさんの方が強く、主人公がとことん殺し屋の奇襲から守られるのである意味でヒロインです。
その上で料理も上手という。
料理してるシーンはかなり細かく、読んでてお腹が空きました。
騎士系ヒロインと姫系主人公のコンビとかかなり好きなので見てて楽しい二人で、微笑ましく、落ち込むことも無く、常にテンション高い中ダレる事なく読み続けられました。


エロシーンもこう…ムードがないのが逆に好きです。
「エロいBGMオン!」
の台詞と共にそれっぽい曲になったのには笑いました。
初体験なのにテンション↑↑で、久しぶりにエロシーンで笑いました。
良いなぁ、この二人。


というか、主人公がかなりポジティブで好きです。
「貧乏になったって、セイラと平和に暮らすことが一番大事だ」
とか、かなり良い主人公だなと。
セイラさんも可愛いし。
見てて不快になるポイントが無い主人公とヒロインの固定ヒロインゲーで最高でした。


最後の実際にも、これから成るという意味でも両方の意味での「家族」を見つけ。
その上で「専属メイド」ってそういう意味か!!!
いやぁ、姫系主人公だとは思っていましたがまさかの…
そういう意味でタイトルが回収されたのが面白かったです。