ひっそりと群生

ひっそりと持ってるCDの情報やゲームの感想上げたり。購入物の記録など。気ままに。飽きっぽいので途中で止まったらご愛嬌。

【胸キュン! はぁとde恋シ・テ・ル ~お兄ちゃんもっと大好き~】感想

【男性向け18禁】



MANYOさんの担当されたゲームをクリアしていく企画第22弾。



2003年07月25日発売
UNiSONSHIFT』※リンク先公式HP(18禁)
胸キュン! はぁとde恋シ・テ・ル ~お兄ちゃんもっと大好き~】(PC)(18禁) ※リンク先Getchu.com(18禁)
以下ネタバレ含めての感想です。






さぁ…見えてる地雷の時間だ……
圧倒的キャラゲーと萌えで、キャラに萌えられないと終わるタイプだというのは察してはいたので最初から物語にはそんなに期待をしてはいませんでした。
バグが無ければ良いな…くらいの気持ち。
妹萌えやキャラ萌え出来る人には有りかもですが、確実に自分には向かないタイプなのはパッケージの時点で察してました。


ただ、ただ…ここまで声が酷いとは思わなかった!!!
攻略キャラ3人中1人が下手とかならまだなんとかなったのですが、まさか全員三者三様で下手だとは思わないじゃないですか!!!
某批評サイトで声優さん見てみましたがこのゲームくらいしか出ておらず…いや、納得ですよ、だって上手くないんだもん…
攻略キャラ3人の声が地獄なのに加えて、サブキャラの妹達の母親も下手で…もうビックリ。
救いがあると言えば男性キャラに声が無いくらい、これでフルボイスで全員下手だったら目も当てられなかった…


声の時点で大分ゲンナリしてましたが、話もまぁ…妹達が既に高感度MAXから始まり、一年の行事があるだけ。
ただいちゃラブしたい人には有りなのかもですが、私には正直向きませんでした…この企画じゃなかったら絶対に触れてないタイプ。その上で、コンセプトを否定するようで申し訳ないのですが、妹の嫉妬…ヤキモチが…ウザったい。
少し別の妹に行くだけでギャーギャーととにかく煩かったです。
これが演技上手な方だったら「可愛い妹のヤキモチ」にも聞こえるとは思うんですよ…でも下手なんですよ…
叫ぶシーンとかただ喚くだけ、耳障りで煩い以外になく、「あぁ、演技力って大事なんだなぁ…」と心の底から思いました。


2003年…まだエロゲに声が付き始めてそんなに経ってなかったか?
とも思いましたが、同年発売でプレイした作品で、「プレゼンス」「月は東に日は西に」「ムギュ~っと!ペットめいど」「朱 -Aka-」「Clover Heart's」「夏音」があり…あ、コレ、別に年代じゃなくメーカーの問題だと気付きました。
確かに2003年プレイした作品の全員が全員上手とは言えませんが「月は東に日は西に」「夏音」と同じ年にあるだけでも演技力に差が有りすぎかと…ユニゾンシフト今では有名ですが、当時はキャスティング残念だったのかなぁと思いました。


声にグダグダと言いましたが、話もほぼ金太郎飴。
単に季節毎のイベントをどの妹と過ごすかの差しかなく、文章も特に惹かれる部分は有りませんでした。
強いて言うなら「日本語として読める」くらい…でも、この部分は大事だと思うので評価点です、物によっては支離滅裂の作品も沢山あるので。
でも、最終的に親同士が結婚せず義妹にもならないの、妹物としてはどうなんですか?
許されるのでしょうか…その辺りは性癖じゃないので分かりません。


絵は…はるかが若干バランス悪いなとは感じましたが、個人的には絵柄好きです。
動きと表情が生き生きとしていて、差分が多く見てて楽しかったです。
一回しか出ない水に濡れた時の立ち絵など、細かいです。
原画家の織澤さんは後に「Chu×Chuアイドる」の原画をされてるみたいですね…未プレイですが絵は凄く好きです。
絵柄の成長が凄まじいと思います…
この時代の絵も同人的だとは感じましたが好きな絵柄でした。


音関係は…うん、あの、エロ系の水気がある時のSE、アレなんとかならなかったんですかね?
どう聞いても音が汚いんですよ…エロい汚さじゃなくて、普通に汚い、聞いてて心が萎えました。
SE以外のお目当ての音楽ですが、BGMは並、普通。
OPの「夢見る乙女達☆」がMANYOさん作曲なのですが…良い電波だと思います。
萌え萌えキュンキュン…まさにこのゲームを体現していると思います。
しかし井上みゆさん、正直、今作のどのキャストさんよりも良い声&演技力だと思います…歌手の方が声が個性的で上手いってどうよ…
あと、ED曲の「桜の木の下で」はビックリするくらい良い曲です。
このゲームには勿体ないくらいだ…正直、一聴の価値ありです。



プレイ順は
はるか→あずき→いづみ
の順で攻略



『はるか ルート』
なんかアレですね…見た目的に一番損してる気が…
身体のバランスと眼鏡要素がこう…
キャラクター的には不思議っ子?
でも桜の木の枝を折ろうとしたシーンはかなりオイオイ!?でした。
そういう部分を除けば可もなく不可もないキャラでした。
見た目と声が合ってないキャラその①。


『あずき ルート』
正直一番苦手でした。
我儘で自分が優先されないとキレるキャラ。
ウザさ100%みたいな気持ちでした。
演技が上手だったらその我儘も良い方向に作用されたであろう所が凄く残念です…
見た目と声が合ってないキャラその②。


『いづみ ルート』
一番好みだったのでラストに。
唯一の常識人。
というか↑の二人が目を疑う程にあまりに自分勝手で常識皆無過ぎて…
凄く疲れる中で唯一の癒やしでした。
ボーイッシュで女の子扱いに成れてない所なども大変好みです。
正直まともに読んだのこのルートだけかも。
唯一声と外見が合っていたと思います。
あとキャストの中でどうにか聞ける演技してました。
ただ、叫ぶシーンがただ叫ぶだけで耳がキンキンしたのには残念でしたが…
でも、攻略キャラの中では一番好きです、唯一自分本位ではなく周りや兄の事を考えていたと思います。



あー…終わりました。
この企画の壁の一つだったのでどうにか乗り越えた感じです。
まぁ、まだ壁が沢山あるのですが…
次にこの企画で触れるゲームはそこそこに良い評価のゲームに触れたいと思います。



※ゲームの攻略で検索される方がいらっしゃるみたいなので参考にさせて頂いた攻略サイト様を失礼します。
 参考攻略サイト様:いちゃいちゃNavi 様
https://ichanavi.x.fc2.com/index.html
 胸キュン! はぁとde恋シ・テ・ル ~お兄ちゃんもっと大好き~ ページ
https://ichanavi.x.fc2.com/webdata/Munekyun/index.html