ひっそりと群生

ひっそりと持ってるCDの情報やゲームの感想上げたり。購入物の記録など。気ままに。飽きっぽいので途中で止まったらご愛嬌。

【夏音 -Ring-】感想

【男性向け18禁】



MANYOさんの担当されたゲームをクリアしていく企画第21弾。



2005年09月02日発売
Breeze!!(解散)』※リンク先公式ミラーページ(18禁)
夏音 -Ring-】(PC)(18禁)
以下ネタバレ含めての感想です。






夏音 -Overture-』『夏音 -June Strange Song-』(※リンク先感想)と続き本編の『夏音 -Ring-』まで辿り着きました!
ようやくある意味で本編でメインです。


物語は…正直ビックリしたのが、この物語は百合の間に挟まる男の物語だった所です。
ネット上では親の仇のように忌み嫌われる要素ですが個人的にその要素は嫌いじゃないです。
ただ、ハッキリとそこは申し上げておかないとなとは思いました。


夏音 -Ring-」単品でプレイすると普通に男性視点のエロゲーです。
しかし、連続で感想を書いているので察して頂けるのですがこの作品、前日譚の序曲という別パッケージがあります。
夏音 -Ring-」単品でも一応プレイは可能なのですが、序曲の方で登場人物紹介のような物語があり、沢山のワイワイガヤガヤがあり、「夏音 -Ring-」単品でプレイすると序曲のネタが拾いきれず置いてけぼりをくらう恐れがあります。
そして序曲の方ですが、「夏音 -Ring-」で攻略キャラのヒロイン鈴菜という少女の視点で進む上で、彼女はもう一人のヒロインで主人公の幼馴染の彩音という少女に恋をします。
憧れでなく完全に恋愛対象としての恋で始まり、彩音への恋心で話のメイン核である水泳部に入部し、鈴菜から彩音への恋心で序曲は進むのでかなり百合要素が強いです。
その上で「夏音 -Ring-」の主人公である響と犬猿の仲で序曲は進みます。
なのでまさか続きである「夏音 -Ring-」で響が主人公となり鈴菜彩音を攻略出来るとは思いませんでした…
ある種の「百合の間に挟まる男ゲー」でもあるので本当に地雷の方はお気をつけ下さい。
どんなに雰囲気が良くて流れが良くても駄目な人はきっと駄目だと思うので…
嫌いじゃなくても「序曲でサブキャラだった響が鈴菜彩音を攻略するのか!!」と驚いたくらいなので。


私は個人的にこの要素、丁寧であれば嫌いじゃないです。
音楽は当然のように良く、世界観がとてつもなく良い作品で独特のノリを持つ文章も好きだったので雰囲気に浸りながらプレイできました。
泳げない自分をコーチしてくれる響に鈴菜が惹かれていくのも自然だったと思いますし、幼馴染の彩音と響が惹かれ合うのも自然だったと思います。
個人的にはとても良い作品でした、好きです。


主人公もフルボイスなのもGOOD。
勿論主人公の声だけ消すのも可能。
まぁ上手かと聞かれたら…うーん…序盤はそうでもないですが後半から何か上達してるのか慣れます。
ただ、エロシーン含めてフルボイスなのは個人的に最高でした。
今までエロシーンは声がフェードアウトしていたので新鮮なのと、全部フルボイスが良かったので嬉しかったです!


音楽はもう言う事無しです。
どこまでも夏の海広がる島の空気が伝わってきます。
サントラは重宝しています。



プレイ順は攻略通り
鈴菜彩音
の順で攻略



『霧坂鈴菜 ルート』
響が大会の予選で敗退した事や彩音だけが優勝し全国へ行けるようになった事で発生した練習時間での時間の溝。
その時間の溝で泳げない鈴菜のコーチをする事になった響。
泳ぎの練習で生まれる信頼関係。
今まで犬猿の仲だった鈴菜と響の関係の変化がジワジワと描かれそして変化し近付いた二人の関係で描かれる体の関係。
体は結ばれたまま一応恋人という形は取りつつつも心だけはどこか上の空な二人。
そんな二人の間に全国で優勝し帰ってきた彩音を再び交え、響の幼馴染という立場の彩音にギクシャクする鈴菜と響。
彩音は響への思いは恋心には見えない無い中で、しかし今まで自分を思ってくれた鈴菜は特別大事にしていて…
鈴菜も今までは彩音が好きで好きでたまらなかったのに、響へ寄せた想いが膨らむ程に響の幼馴染である彩音に対して微妙な気持ちを持つ事になっていく。
…とにかく三角関係の複雑さと珍しさが目立つ物語でした。
普通男性主人公だとヒロイン→主人公←ヒロインの三角関係が起こりそうな中、ヒロインの一人の彩音の気持ちがそんなに主人公に向いているようには見えず。
主人公に確かに向いては居るのですが、嫉妬や面倒な感情を向ける事が無く。
なので関係図が最初が彩音鈴菜vs響だった物が彩音鈴菜→←響になり…
彩音が戻って来る事で響と彩音の幼馴染の関係と響の彩音の才能に対する想いを鈴菜が思い知り彩音←vs(一方的な)鈴菜→←響になります。
その上で響は水泳などで彩音に絶対には勝てないという気持ちを抱えており…
…正直、相関図ではちゃんと説明出来ない、上手く語れない程の心情が微妙で絶妙な三角関係が描かれます。
その微妙な心境の変化が文章というよりも空気感で察する事が出来…いやぁ…今までに味わった事がない構図の変化でした。
そして響が恋愛する理由も未来からの逃避だったりする部分もあり…
響と鈴菜のお互いを好きな部分もあるのだけれど、まるで波に流されたかのように始まる関係で自分の気持ちを見失っている姿が印象的でした。
特に異端なのは彩音の存在で…彼女が何を考えているのかが良い意味で「分からない」んですよね。
嫉妬しているのか、祝福しているのか、嫉妬しながら祝福しているのか…おそらく一番後者だとは思うのですが、彼女の存在が彼女が向ける感情が絶妙で他でよく見る三角関係になっていなかったと想います。
ラストで鈴菜彩音の会話で終わりますが…彩音の「好きな人」というのはもしかして…という色々と妄想が膨らむ終わり方をするので凄く不思議な気持ちで幕を閉じました。
独特な三角関係と言葉では言い表せない心情の変化が類を見ない話でとても楽しかったです。
水族館のシーンはとても印象的でした。
加古井さん(水◯さん)の演技があいも変わらず群を抜いて素晴らしく、ラストの不思議な気持ちは間違いなく加古井さんの演技力があってこその空気感だとも思っています、続編はありませんでしたが本当に最高の演技でした、お疲れ様でした!!


『星崎彩音 ルート』
鈴菜ルートがかなり変化球だったのに対して、彩音は王道の王道ルートでした。
幼馴染としての距離感、水泳全国大会への不安。
そして、鈴菜ルートとは違い敗退してしまった彩音を慰め…正に王道。
王道過ぎて逆に書く事が無いですね…
ただ、響と彩音の恋愛に発展し、しかし一度は幼馴染に戻り、再び恋愛に戻り二人で歩き出すという関係の変化はありがちな中で、島の空気感や周りの一筋縄ではいかない登場人物の存在により、他では見かけない雰囲気を生み出していました。
しかし…このルートだと鈴菜のセリフが途中から文字と音声とズレるんですよね…そこは凄く残念でした。



穏やかな島で、穏やかな時間の中、それでも学生の彼らに必ず訪れる将来。
悩みながら、大事な時期に恋愛に発展していき恋愛と未来、そして逃避の間で苦悩する。
穏やかな中で焦りが芽生えてくる雰囲気が何よりも印象的で、あまり他のゲームでは味わえない雰囲気でした。
将来だったり恋愛だったり人間関係の苦悩の部分がかなりを締める所があるので「悩む主人公」が苦手な人には正直苦手かもしれません。
ですが、私はその部分も含めて彼らの人間関係が好きでした。
響、彩音鈴菜、3人の独特な関係は他ではあまり味わった事が無く、島の雰囲気と合わさりプレイ時間は長かったのですがとても充実した時間を過ごせました。
久し振りに良い雰囲気ゲーをプレイ出来ました。


色々と素敵な要素が多いのですが、一部長台詞の上部分が表示されなかったり、おそらくスクリプトのミスなのか海へ行くイベントの後半で音と声が再生ませんでした。
それ以外にも所々におそらくスクリプトミスがあり…
平たく言えばバグが多いです。
パッチを当てようにもパッチを当てる為のツールがもう無いのでどうしようもない状態。
止まったりはせずプレイ自体に支障はないので今プレイするならその辺りを覚悟した方が良いです。
音量差も大きいので注意。
あと、スクリプトが細かいからか若干挙動が遅かった所もあります。
とてもコロコロと動いて細かいのですが、前作同様細かくしすぎた弊害が出ていますね…
そして、連作予定が途中で企画が頓挫しているので色々と未回収な部分が多いです。


・風祭家の事
・なずなの学年が下の理由
・月村さんと静流さんと沙織の関係
・詩子が風祭家に奉公している理由
・ラジオCDではメインらしい八重と紗絵の二人の存在
・登場が多い仲原さんの事
・途中で出てきた小梢さんの事


などなど。
夏音のファンが有志で作られたサイトにある広告で次回作「夏音 -双ツ夢-」がホラー要素有りっぽい伝記物のような作風になる予定だったのも含めて凄く残念です。
そちらでは八重と紗絵がメインだったらしいですね…伝記物好きなのと「夏音 -Ring-」までとても雰囲気が良く好きな作品だったので見たかったです…
テックジャイアンの「THE BEAUTIFUL WORLD」といい…他企業が関わって作られたエロゲは題材や雰囲気、作風などとても良いのに途中で消える傾向にあって悲しいですね。
ですが「夏音 -Overture-」「夏音 -June Strange Song-」「夏音 -Ring-」だけでも十分楽しめたので、良かったです。


そういえばさり気に作中でブルーベリー&ヨーグルトという飲料がえらく推されますが…
やっぱりRitaさんのBlueberry&Yogurtから来ているのでしょうか?
少しニヤリとしました。



※ゲームの攻略で検索される方がいらっしゃるみたいなので参考にさせて頂いた攻略サイト様を失礼します。
 参考攻略サイト様:FiNALIoN 様
https://finalion.jp/
 夏音 -Ring- ページ
https://finalion.jp/game/breeze/natsunone/ring/