ひっそりと群生

ひっそりと持ってるCDの情報やゲームの感想上げたり。購入物の記録など。気ままに。飽きっぽいので途中で止まったらご愛嬌。

【なつぽち】感想

【男性向け18禁】



MANYOさんの担当されたゲームをクリアしていく企画第30弾。



2006年11月22日発売
ALcot』※リンク先公式HP(18禁)
なつぽち】(PC)(18禁) ※リンク先wiki
以下ネタバレ含めての感想です。






プレイ時間は約7時間30分くらい。
7でもインストール&起動可。
ディスクレス起動も可。


いやー、普通そうだなと思ってたら見事に普通な内容でした。
可もなく不可もなく、個人的な好みで言うなら不可の方が多い感じ。
タイトルに夏が付いてはいますが夏の空気や田舎の空気を感じ取れるような雰囲気ゲーでは無く。
主人公もデリカシーのないタイプのスケベで常に女性の胸を見る描写ばかりで女性に対して失礼な上で若干卑怯な手段を取るのと考え無しで理想の方向に進む道を語るのでどうしてコイツがモテてるんだ?系主人公。
少年漫画でナチュラルに何故かスケベが許されるダメ系主人公のお手本のようなタイプでした。
父親への反発も。
正直お父さん確かにテンション高いトンデモキャラだけど別に借金とかも無く子供をしっかりと育てていて…悪い部分が無く。
むしろどのルートでも基本的に正論で主人公よりも好印象なので嫌っている理由が分からず、成人済みですがただのひね曲がった子供にしか見えなくて…
別に非のない父親を何故か嫌ってるという部分で???となり主人公に良い印象が殆どありませんでした。
話も文章も普通で魅力的な文ではなく単純に読みやすいくらい(読みやすいのは大事なのである種良い方ではありますが…)。
完全にキャラゲーなので好みのキャラが居ないと大変辛い上でシリアスは入ってくるのでイチャイチャだけ求める人には多分合わず。
色々とシリアスな設定が出てきてもラストでは必ず良い方向に行くのと、その理由も曖昧に解決する時が多いのでちょっと都合が良すぎる感じ。
しかも結構絵が個性的なのでキャラゲーとしても向き不向きもあるという…
良い所は背景画像や動きなどの演出、あとはこのメーカーは言うこと無しの音関係でしょうか。
全体的にTHE普通を貫き通した作品だと思います。
エロの流れも、共通で必ず綺沙羅とのエロシーンがあるのと、千歳とは過去に交際済みで既に経験があるので初々しさは特に無い上で、けっこう千歳との比較をしてくるので、他ヒロインルートに行っててもなんだかなぁ…という気持ち。
最初にエロが入る綺沙羅と初体験の相手である千歳にどうしても気持ちが傾くので若干優遇されすぎてるなーと。
ルート後にカップリングとしても萌えなかったので非常に残念でした。


絵はちょっと個性が強い方かと。
個人的に中村さんの絵柄好きですが、合う合わないがかなりありそう。
そして個性が強い故、担当されていないメインキャラ以外の絵柄の差が顕著でした。
Triptych」でも差がありましたが、今回は更に目立つかも…
サブの方の絵柄の方が万人受けしそうですが…ちょっと表情が硬めで。
中村さんのキャラの表情が生き生きとしている所が凄く好きです。
背景は必要な背景は必ず入り、どの背景も綺麗で素晴らしかったのですが、逆にCGが…
なんでここで一枚絵?という場所で入ったり、なんでここで一枚絵無いの?という場所で無かったりして、入る箇所に違和感がありました。
とりあえず千歳の舞のCGが無いのはどうかと思います。


音楽に関してはパーフェクト。
個人的にこの曲!というのは特にありませんが、どの曲も満遍なくクオリティが高く、流石のManackさん。
2ndオープニングもあり、歌に関しては豪勢で。
2ndオープニングのMANYOさんの作曲、「久遠」はもう…霧絵&千歳ルートと綺沙羅&美咲ルートで流れる歌詞が1番と2番で違いがある所が細かく本当に名曲です…このゲームに触れなくても是非聞いて頂きたい程。
声は完璧。
フルボイスな上で全員お上手、声が重なるシーンなども完全に重なり妥協無し。
今年、金田まひるさんが出演されている作品にかなり触れた気がしますが、ドメイン中のメインでAヒロインの作品に触れるのは初な気がします。
今までサブヒロインとか脇役が多かったので。
金田さんのロリ霧絵と大人霧絵の声の使い分けは最高でございました。
一条さんは秀真と西園寺役の件役お疲れ様でした、ALcotでは常連で安定感がありました。
そして、真役の浜風敏太さんですが…
あの、その、ネット上で殆どデータが無いですが声で丸わかりで…
その、松◯保◯さんですよね…多分。
普段は別の裏名義で活動されていらっしゃいますが、まさか更に別の名義でお聞きできるとは。
男性声優の中で5本の指に入るくらいに大好きなお声なので最高にテンションが上がりました、最高。
また金髪キャラで…本当に金髪でサバサバしたお兄さん系のキャラにお声が良く合います!!
一点申すなら…真の私服が教師にしては若くチャラチャラしすぎてるなと…どこの10代の少年かと思いました。
いやぁ…本当にお声が素敵過ぎて…真の声は正直飛ばせませんでした…



プレイ順は
霧絵→千歳→綺沙羅→美咲
の順で攻略



『霧絵 ルート』
千歳と対になっているルート。
霧絵を犠牲にするか千歳を犠牲にするか…となってますがEDの流れないルート(おそらくBAD)にさえ行かなければ最終的にどちらも助かるという仕様。
皇子様、なんだかんだ霧絵に甘いお方だ…
そして、主人公、既に千歳とは昔関係を持ってるのでメインヒロインですがわりかし霧絵には分が悪いなとは思ってます。
可愛いんですけどね…というか、ロリ霧絵可愛いのですが、エロシーンでロリverが無いのは詐欺なのでは?
絶対に大人霧絵とのエロしか無いので、ロリの方が良い!という方にはとんでもない罠だと思ってます。


『鏑木千歳 ルート』
主人公の初体験相手であり、作中一番の巨乳であり、主人公はおっぱい星人
ちょっと勝ち確定過ぎんよー。
皇子の封印が弱まったり霧絵の霊力が弱まったり、全ては4年前の初体験が原因で…
その上で千歳は一族の件があったりこの場所から出ていく事は出来ない中で主人公は「俺は教師になる」「ここから出ていく」「千歳にフラれた」と千歳の事情を何も知らない上で千歳の気持ちも気付かず勝手に自己完結して自由を生きてるので、コイツなんなん?という気持ちになりました。
話さなかった千歳も千歳だけど…彼女で好きな相手の事は知ろうとしようよ主人公…
皇子の復活では諸悪の根源なのがまた…
最終的に真も父親も力を貸してくれて大団円だけどさー、このルートの真相で今まで苦手だった主人公に更に悪い印象が付きました。
マジでどうしてモテるんだコイツ…


『綺沙羅 ルート』
美咲と対になっているルート。
共通で必ずエロシーンが入るのでちょっと優遇されていると思ったり。
見た目や性格が好みなので共通でエロが入るのは良いのですが、これで好みのキャラじゃ無かったら逆にテンションが下がるので共通で一人だけエロが入る構成はあまり好みでは無いです。
話は、人と妖は一緒には居られない…という話ですが、なんか最終的に父親を倒したら納得して貰えて一緒に成れました。
…まぁ暗いよりかはいいですが、うーん…深刻な問題そうなのに軽く終わるのは頂けないです。
見た目は全キャラ中一番好きです。


『相楽美咲 ルート』
兄と妹の関係…に見えて実は義理の兄妹で(この時代実の兄妹アウトだったのかな?)、兄妹だと街の人達に何言われるかー
…みたいな話題だったのになんか結構軽く解決して、その後は美咲のイタコとしての血で皇子の怨念に取り憑かれてーと…かなり色々な事がサクサク起きたルートでした。
怨念を解決したらサクッと二人仲良くなってますし…兄妹じゃダメみたいな流れ必要だったか?
キャラの見た目だと2番目に好きなのですが、若干暴力妹気味なのが個人的に残念。
エロシーンも他キャラ3つなのに美咲だけ2つだし…昔から主人公の事が好きだったのに千歳に既に取られていたり、話の流れといい、少し不遇な気がします。



どのルートでも途中分岐があり、ED無しED(おそらくバッド)がありますが、通らなくてもまぁ良いくらい。
とりあえず、かりんのルートが無いのはどうかと思う。
良いキャラで幼馴染なのに何故…


とにかく全体的に普通(むしろ主人公があまり好みではない)、という作品でしたが、その中で個性的な絵と、MANYOさんの「久遠」、浜風敏太さんのお声が聞こえた事で結構満足しています。
想定内の楽しさは得る事が出来て良かったです。



※ゲームの攻略で検索される方がいらっしゃるみたいなので参考にさせて頂いた攻略サイト様を失礼します。
参考攻略サイト様:愚者の館(アーカイブ) 様
http://sagaoz.net/foolmaker/
 なつぽち ページ
http://sagaoz.net/foolmaker/game/n/natsupochi.html