ひっそりと群生

ひっそりと持ってるCDの情報やゲームの感想上げたり。購入物の記録など。気ままに。飽きっぽいので途中で止まったらご愛嬌。

【牝姫の虜 ~廃校舎の制服少女~】感想

【男性向け18禁】



MANYOさんの担当されたゲームをクリアしていく企画34弾。



2006年10月27日発売
Gage』※リンク先公式HP(18禁)
牝姫の虜 ~廃校舎の制服少女~】(PC)(18禁) ※リンク先Getchu.com(18禁)
以下ネタバレ含めての感想です。






プレイ時間は約12時間くらい。
7でもインストール、起動可。
ディスレス起動可。
7以降だとおそらく「d3drm.dll」が無い~とか言われるので、コチラを参照すると良いと思います。
「d3drm.dll」を「Mehime.exe」と同じフォルダに入れれば起動します。


タイトルやパッケージから陵辱抜きゲー…にみせかけて実は純愛要素が強かった本作。
いや、まぁ陵辱の要素もあるので決して間違いではないですが、主人公はBAD方面でしか陵辱しないし、ヒロインにあたる3人は本編中では陵辱を基本受けないので陵辱っぽさが無かった印象。
その分サブキャラの女性3人は陵辱要因でモブ男から陵辱受けまくるけど…そこはまぁ…うん。
サブキャラの麻深、凛子、響子は他の野郎キャラにバリバリ犯されます。
が、まぁそこは不思議な力が作用しているのでそんなに痛々しくなるものでは無かったです。
麻深に至ってはノリノリだし。
話自体は至ってシンプル、悲恋によって学校にある廃校舎で自殺した地縛霊、付喪神…とりあえずそんな存在である雛姫という女性が、悲恋相手である男性の子孫である主人公を求め、霊的な力を使い廃校舎を淫靡な世界に変え、様々な人を性欲の権化に墜落させていくというお話。
選択肢によって由衣、奈緒、柚流のルートに分岐。
辱ゲーでたまにある予想の斜め上を行き、予想外に話に深みが出るみたいな部分は無し。
話によっては部分的に好みはありましたが、全体を通して変化球的に突き刺さる箇所は無く、シンプルに抜きゲーという感じ。
ただ、主人公が抜きゲーにしては結構強靭な精神で頑張ってくれるタイプで。
雛姫の霊力によって淫猥に操られる事によりエロシーンが大量発生する本作ですが、欲情に囚われたから仕方ない…みたいに諦めて開き直る事が基本無く、ヒロインを救う為に抗って雛姫の過去を調べたり立ち向かって行く姿は非常に格好良く。
思慮深い箇所もあり、ヒロインが教師にセクハラを受けた後は心配すると同時に「俺も男だから怖いだろうな…」とちゃんと一歩引いてヒロインの心情を伺いながら接したり、霊力により学校で急に欲求に耐えられなくなる中、誰でも良いから女を犯したいと思いながらも必死に耐えてと、自分からは絶対に陵辱せずに誰にも手を出さずに耐え抜くという、抜きゲー主人公にしては強靭なメンタルしていたと思います。
その強靭なメンタルも腕の故障で諦めたけれど、元はトップを目指せるレベルのテニスプレイヤーだったというしっかりとした理由があり、主人公の人間性が非常に好感が持てるタイプで読んでて気疲れしなかったです。
3人のヒロインとのエロも由衣と奈緒に関しては互いに想い合ってからエロシーンですし、柚流に関しては霊力により流されるままに抱いた事に対して苦悩するシーンがあったりで…本当に良い奴だな主人公。
廃校舎に導かれてしまい最初のエロシーンでサブキャラである麻深を抱きますが…麻深はド淫乱系女子で廃校舎での交わりを楽しみにしているタイプなので全く陵辱っぽさは無かったです。
陵辱要因の男性は3人の教師で、陵辱要因の女性は3人のサブキャラのみと決まっているので、ハードな辛さ…みたいなのは非常に無く、アッサリしたエロの多い抜きゲーとして楽しめるタイプだと思います。
主人公の友人である邦彦が見た目が超怪しいのですが最初から最後まで良い人な上で、ルートによっては霊力により陵辱を受けたサブキャラの凛子と付き合うので彼もまた男らしさがあり。
…見た目で疑っててごめんよ…と非常に申し訳なくなりました。


CGがとにかく美しく、等身高い系の絵柄が好きな人には刺さるタイプかと。
この手の絵柄はズルいですね…強いです。
どことなく色気を放つ絵柄で立ち絵からもエロさがあり、良い絵柄でした。
ただ、立ち絵の一部は「そのポーズ取れなくもないけど、疲れないか?」と感じる斜めに立っているポーズが多かったり、「そんな立ち方するか?」という不思議ポーズを取っていて、あまり見ない立ち方をしていて、非常に印象に残っています。


そしてこの絵柄でエロが多めでエロい、ココ大事、エロい。
最低で1ヒロインに7回有り。
様々なシチュエーションがあり結構楽しめます。
一部ヒロインには腹ボテや放尿があるのでニッチな方にも手広く。
ただ、サブタイトルで「制服少女」とあるように着衣が多いのは良かったのですが、制服よりも体操服とか水着とかでのプレイの方が印象に残ってます。
エロ回想見ると制服の方が多かったのですが、印象深いシーンではなんか体操服とか水着の方が多かった気が…何故なんだ。
個人的な性癖の話をするなら野外プレイが多く良かったです。
あと、キスシーンのCGがエロくて最高だったのと、CGは無いですが、主人公が霊力での欲情に耐えられず学校のトイレで致すシーンなどが好みでした、こう…頑張って謎の力に抗ってる!感が主人公の男らしさと同時に善良さを引き立ててたと思います。
しかし…残念なのは全ての元凶である雛姫にはエロシーンが無い事!
CGモードの選択画面で裸のイラストがあり、さも、エロシーンがありますよ~と見せておいて全く無いです。
取り付いた女性でエロシーンがあるくらい、本人の姿では無し。
詐欺なんじゃないかな…まぁ、話を見れば無いのも分かるけどさぁ…見た目では雛姫が一番好みなんですよ…
この見た目でこの姿でのエロは無いってどうなのよ…
どこかのルート分岐で雛姫が顕現してエロシーンがあったり主人公と結ばれるシーンがあっても良かったんじゃないかなぁ、その流れで行くとBAD臭いけど。
抜きゲーだし、そういう要素も欲しかったです。
タイトルの「牝姫」ってどう考えても雛姫だと思うのですが…何でタイトルにあるのにエロシーンが無いのか。
でも確かにエロシーンが無いという意味ではある意味で最初から最後まで姫を貫いてると言えば貫いているか。
マジ、雛姫、あの見た目でエロ無いの反則ですよ(何度も言う)。


ボイスは女性のみフルボイス。
柚流役の北都さんが話の良さも相まって抜きん出て上手かった印象。
いやぁ、流石でございます。
風華さんは他作でもホワッとした演技でしたが、こう、少し抜けたような女性の演技が良いなと。
小林さんは快活な女性の声で合っていました。
どエロ担当の麻深が草柳さんなのですが、嬌声といい掴み所の無さといい、凄くお上手で良かったです、
音楽は久っしぶりの全曲MANYOさん!
この企画の流れだと全曲は「放課後の先パイ」以来かも。
他の楽器が入るとイマイチ分からないのですが、ピアノのみになると思いっきり「MANYO節!!」という感じで聞いててMANYOさんみを感じました
「Painful Memory」「Always Be With You」「Blue Nocturne」「Lovin' You」あたりのピアノ曲が好きです。
特に「Always Be With You」「Blue Nocturne」は最初からコレだよ!コレ!!と言わんばかりのMANYO節。
ピアノではないですが「Just Crisis」も緊張感のある曲でのMANYOさんっぽいかも。
OPEDも作曲編曲で歌はどちらもRitaさん。
OP「Gethsemane」は退廃的で不安げな曲調が開始に合っていて、ED「LOTUS」は静かな中でも明るく前向きな雰囲気がEDらしくとても良いです。
「Gethsemane」は「イエスと弟子たちが最後の晩餐のあとに祈りを捧げ、またイエスイスカリオテのユダに裏切られ捕えられた場所」らしいですね…作中だと廃校舎の事でしょうか…?
非常に淫靡な場所でしたが、始まりと終わりの場所として印象深い建物でした。
ちなみにサントラは予約特典なので初回特典としてゲームには付属しません。
もし欲しい方は別売りになると思うのでお気をつけ下さい。


抜きゲーから良くも悪くも外れてはいませんでしたが、その中で数カ所好みのシーンがあり、そういう部分では楽しめました。
文章は、響子が「柚流がチョコアイスのマーブルとかチップじゃなくチョコ一色が好き」という発言をした後アイスを買おうとした際に「柚流はソフトの方が好き、バニラとチョコの二色のソフトが結構お気に入り」と「チョコ一色」ではないアイスを指定したり、矛盾が若干あったり誤字を少し確認しましたが、読みやすくはありました。
ここはチョコ一色が好きでも購買に一色が無く二色しかないといういみかもという解釈では居ます(でもチョコ一色が無いとかあるのか?)。
絵もエロさを醸し出しながら、エロ自体も操られエロが多いので発情する箇所が多くてエロく。
音楽も声も良く、話は分かりやすい中で矛盾は無く。
抜きゲーとしては優秀な方かと。
個人的に柚流ルートの話が好みで…柚流の操られていた上での葛藤と響子との友情を見れただけでも非常に満足です。
予想以上に楽しめました。



プレイ順は攻略通り
由衣→奈緒→柚流
の順で攻略



『蔵守由衣 ルート』
メインヒロイン。
雛姫との問題が一番綺麗に解決するルートなので正史ではあると思います。
ただキャラがなー好みでは無かったです、見た目は良いんですけど…
主人公が思慮深いのに対して彼女は浅慮というか。
主人公が腕の事を言えず言葉に詰まってる箇所で察する事が出来ず何度もテニス部に推したり。
上手く言えずにいる箇所で空気を読めないというか…良くも悪くもTHE・メインヒロインという感じ。
幼馴染属性があり、主人公が昔の約束を反故した事で悩んでいて昔から想われているというメインヒロインのゲーム的な特権ばかり貰いシナリオだけでは中央にありつつも彼女自身は可愛いだけで色々と察する事が出来ないというタイプ。
まぁそりゃ好みでは無いですよね。
唯一BADルートがあり、主人公自身が陵辱を加えていく箇所がありますが、BAD分岐までそれまで散々両思いで中出しキめたセクロスしておいてBADに入った瞬間に中出しはダメー!というのが???ではありました。
主人公が雛姫に負けて性格が邪悪方面に変わるので、そういう意味では確かに怖いだろうけど、いや、でも、散々今まで中出ししてたやん…みたいな。
ヒロインの妊娠の有無はヒロインの精神状態で変わるのか???ととても不思議でした。
BADで性格が徐々に変わっていくと嫌悪していくのもまた…なんというか…
主人公がこんなに変わった事を心配しないのか?と思ったり、「どんなに変わっても好きだよ」という思いも無くて。
豹変して行ったら嫌がるだけ嫌がって、まぁ陵辱要素で考えるとこの「嫌がるヒロインをどうのこうの」も大事だとは思うのですが…彼女になったならもう少し主人公を想い続けたり主人公を心配しようよ!と思った部分もありました。
非常に自己愛の方が勝るヒロインでしたね。
GOODの方に進んでも超淫乱になって中出し強請ってきますし、BADは良くてGOODは良いのか?中出し…
ただ、BADのラストの腹ボテセックスは印象に残ってます。
エロは部室でテニスウェア、体操服での野外フェラ、図書室で制服、プールでの水着放尿。
部屋で制服、テニスウェアで野外、廃校舎で制服、部屋でパジャマ、廃校舎で制服窓際。
BADでは制服で野外、廃校舎で制服のリボンのみ、廃校舎で腹ボテ。
…一番エロが多いかもです、BADもあるので、流石メインヒロイン。
図書室とGOODラストの窓際プレイ、BADの腹ボテ放心セックスが性癖に刺さったり印象に残ってます。


『館石奈緒 ルート』
キャラは好きなのですが、話が微妙…
亡くなったフィギュアスケート選手の兄を追い求めるお話。
完全にブラコンルート。
廃校舎にあるリンクで兄の幻影を追いかけ続けたり、主人公に兄を重ねたり。
個人的に兄弟を重ねるブラコンタイプ好きですが、気になる人は気になりそう。
雛姫の件もそんなに深く関わらずに解決したり。
どちらかと言えば凛子、響子を巻き込んだ3P4Pルートという感じ。
主人公が凛子と響子と交わるのはこのルートだけかな。
奈緒個人とのエロよりも凛子含めて3Pしてた方が多かったような気が…
奈緒のお兄さん直哉も、黒幕かなーと見せかけてめちゃくちゃ良い人(霊?)だったので、疑って申し訳ない気持ちに。
邦彦といい直哉といい、人相悪いけど良い男キャラ多いな。
奈緒フィギュアスケートに一生懸命で色々と第六感が鋭くて、ちゃんと引き際を知ってたり、キャラ自体はとても良いキャラしてたのですが、なにぶん話が追い付いてなかったなーと。
エロは体操服野外、凛子と3P、フィギュア衣装、水着で凛子と3P。
廃校舎で制服、凛子と響子と4P、部屋で私服。
凛子巻き込まれすぎ問題。
凛子はどのルートでもかなり巻き込まれるのですが、最後に邦彦と結ばれるみたいで。
そこは良かったなと思います、幸せになって欲しいです。


『遠矢柚流 ルート』
キャラも話も良かったです。
世話焼き姐さん女房、好き。
年上、少し厳し目、でも甘やかせ…そして操られた際の淫猥な演技。
そのどれもに北都さんの演技が合いまくりです、素晴らしい、流石。
操られてから始まる関係。
雛姫の罠にハマり、傀儡と化しているという設定なので、基本前半は操られ系エロになります。
廃校舎で犯された友人の響子の精神を守る為に自ら身を差し出し、響子を守り続けていて。
精神的百合じゃん…「自分の身が汚れる事よりも友人が壊れる事が怖い」とか…なにそれ最高かよ…
そして、既に身を差し出していたので恐らく数々の人間を相手にしていて。
「処女かどうかわからない…きっと自分はもう…」という葛藤を抱き苦しみ。
そんな柚流を見て主人公は「柚流は初めてだった!」と豪語する。
柚流の精神面は清く美しかったと言えるなんて、やだ…この主人公格好良い…
ヒロインの孤高さと葛藤、そして主人公の格好良さを同時に見れて最高でした、この部分だけでも話の出来は最高に良かったです。
エロは制服、弓道着、操られ凛子を他の野郎に差し出しながらの手ほどき、廃校舎フェラ。
体操服、水着、廃校舎制服、弓道足コキ
エロシーンでのエロよりも、柚流の響子の為に身を差し出しながらも孤高に戦う姿やそれを受け入れた主人公、その二人の関係性が最高で好みに刺さり、関係性萌えにはたまらなかったです。
雛姫を「倒す」という形で成仏させるのもこのルートだけ。
最後には今まで精神集中してきた弓で雛姫を射抜いたり。
雛姫を穏やかに成仏はさせる事は出来ませんが、「敵」として考えた時には非常に熱い戦いだったと思います。
まぁ雛姫も雛姫で今まで散々柚流を操ったり他の女子に酷い事しているので、同情も出来ず。
こういうルートがあっても良いよねと思えるくらい納得の行くルートの一つだったと。
最後には今までの主人公の朝起きられなかったりネクタイが曲がってたり勉強が出来なかった所に苦言を漏らしながらも内心はデレデレだったという事が判明し、昔から主人公が好きだった事も判明し。
もう柚流がメインヒロインで良いんじゃないかな?
とにかく色々と好みが詰まった最高のルートでした。



抜きゲー、話は無くても良いか、くらいに思って初めていたので、予想以上に起承転結しっかりとしていて良かったです。
斜め上の展開や予想外な方向からの変化球!な話は無かったですが、絵柄が好みな上で思った通りの物は見れたのと、柚流ルートが最高だったので満足です。
あと、MANYOさん全曲作曲作だったので触れられて非常に満足でした。



※ゲームの攻略で検索される方がいらっしゃるみたいなので参考にさせて頂いた攻略サイト様を失礼します。
参考攻略サイト様:愚者の館(アーカイブ) 様
http://sagaoz.net/foolmaker/
 牝姫の虜 ~廃校舎の制服少女~ ページ
http://sagaoz.net/foolmaker/game/m/mehime.html