ひっそりと群生

ひっそりと持ってるCDの情報やゲームの感想上げたり。購入物の記録など。気ままに。飽きっぽいので途中で止まったらご愛嬌。

【Stay ever… ~約束なんてできない~】感想

【男性向け18禁】



MANYOさんの担当されたゲームをクリアしていく企画第2弾。



2003年02月28日発売
『GA-BANG(解散)』
Stay ever… ~約束なんてできない~】(PC)(18禁) ※リンク先Getchu.com(18禁)
以下ネタバレ含めての感想です。








色々と思う所が多いです…この世界の医療ガタガタやんとか、両親が別の仕事で忙しく常に家開けてるほど忙しいのに、その家を店にするのは如何な事かなとか。
とにかくツッコめばツッコミ所がわんさかあるお話だったのですが、それでも、メインヒロインの菜穂EDを見て、今までのマイナス点がプラスに持ち上がるくらいには好きでした。


演出がとにかく良い。
光の演出や水の演出、叩いた時の効果、水をかけられた時の演出など、今でもあまりみかけないほど細かったです。


ただ、若干SEがうるさいというか…SEの設定はあるのですが、水の音や駆け足の音などは調整出来るのですが、コンフィグを開いた時の効果音はそれでは調整できず、常に音がします。
それがかなりうるさくて…色々と特殊効果で技術が高そうなのでSE設定と一緒に調整出来るようにして欲しかったです。


あと、ないしょシステムはもう少し見方などが分かりやすかったら流行ったのかな?とも思ったり。
「ここでこのないしょが反映される!」みたいなチャートがあればもう少し面白いシステムになったのだろうなと思いました。


ですが、技術は発売された年代としては凄く高いです。
システムもコンフィグの音量が変えられない事以外は不満点が無かったので、凄く技術を感じました。


攻略順は攻略サイトを色々と回りましたが、事ある毎に「菜穂は最後に!」とあったので
「結莉」→「診有」→「楓子」→「ユキ」→「菜穂」
の順でいきました。
この順番で良かったと思います。
Key作品レベルでメインヒロインはラスト推奨です。


主題歌は流石のMANYOさんの一言。
他のどこにもないinstとカラオケが入っているので、MANYOさん好きには是非オススメしたいです。



『圭一』
まず前提として、この主人公が苦手です。「なぜモテるか分からない主人公」してます。
暴力的でヒロインを叩く叩く…いや、引くくらいに本編で叩きまくります。
特殊効果が細かい事も相まって、本当にポンポン叩く描写が描かれます。
その上でヒロイン達に何度も言われる程に意地悪です…優しいとか少し言われてますが優しい所あったか?
口もそんなに良くはなく、手が直ぐに出る時点で分かりますがかなり短気、すぐ感情的になります。
常にエロい事を考えてるのはエロゲ主人公として別に良いのですが、そのエロい考えが面白く無いです。
面白いエロ思考ならゆるせますが、オッサンのエロ思考してます…エロ思考出る度に冷めました。
あとエロシーンで常に初めての相手の楓子と比べたがるので、凄く他のヒロインに失礼に感じます。
顔も…美形などの描写もなく、説明書見ましたが眼鏡でガリで格好良くはないです。
いや、眼鏡男子は好きですが、眼鏡男子好きでもお断りの外見してます、むしろ友人の誠志の方が性格も見た目も格好良いです。
性格良くなく、外見良くなく…いや、本当にマジでなんでモテるんだ……
地雷の一つ、「なぜモテるか分からない主人公」してたので常にイライラしてました。
ただ、菜穂EDラストの主人公の背中は結構好きです。


『結莉ルート』
猫耳は何のために…?
アクティブ系ちっちゃいお姉ちゃん。
菜穂もですが、彼女も血は繋がって無いのでかなり複雑な家庭事情してます。
元から弟大好きキャラなので、くっついたのも納得は出来るのですが…
ただ、終盤、父親と母親に怒られますが…家の事殆ど無視して出張ばかりしてる親に、どうこう言われる筋合いあるか?とも思ったり。
別の仕事で海外行ってる上に、家は店にして子供に店の事完全に任せてるような親ですよ?
いや、もう、どうこう言える筋合い無いやろ…と。
けっこうどのルートもですが、両親が、「ポンと出てきて文句だけ言う人」になってます。
この辺りが凄くモヤッた…菜穂が嫉妬して言うのは良いんですよ…だって常に一緒に居た上で姉の方に行ったのですから。
でも両親は…文句言われるなら、もうちょっと家に居て、親の役割をちゃんとやってる人に文句言われたかったです。


『診有ルート』
医者ってそんなにホイホイ辞めたり戻ったり出来なくね?
うーん…医学が凄くガタガタに感じました。
エロゲだから細かく言うのはおかしいのですが、メインヒロインの「病気」が中心の物語でこんなにガタガタだと流石に…
医者を辞めて店に居る、までは分かりますが、辞めるのは簡単でも、また戻るのってそんなに簡単では無いのでは?
病院に来て、すぐに「君の白衣は用意してあるから」でまた戻れるものでも無いのでは?と色々とガタガタ具合が見えました。
「エロゲなので仕方ない」の呪文を唱えつつも気になるくらいで…
お父さんとの一件やお母さんとのいざこざも重要ですが、そんなに印象に残りませんでした。
菜穂もこのルートでは病気はサクッと奇跡的に治っていて、しかし脳に腫瘍が!!みたいな事になってるので急展開凄かったです。
まぁでも、お父さんのトラウマを克服出来て良かったとは思います。


『楓子ルート』
メインヒロインよりも優遇されている眼鏡委員長。
彼女とのエロシーンは絶対に通ります。
私は彼女の性格や見た目は好みの方なのでそんなに気にはならなかったのですが、眼鏡委員長系が苦手な人は「なんでこのエロ通るんだよ!!」となりそうです。
あ、でも、カプ厨としては特定のヒロインのエロを挟んでから各ルートに分かれるのあまり好きじゃ無かったり…
メインヒロインの菜穂との行為が一度間に挟まってそれを引きずる…とかなら分かるのですが、メインではないのに、彼女とのエロを主人公が引きずりまくるので、菜穂よりもメインヒロインっぽい印象を受けました。
あと、ユキルートを通ると行けるとあるEDが闇属性で…EDの正のインパクトは菜穂なのですが、負のインパクトが強くて。
誠志と付き合っているのに主人公と行為をしたり、中途半端な位置で男性陣を翻弄していたり…乙女ゲーのヒロインか?
…というか誠志は本当によく主人公を許したなと思います、友情崩壊も良い所ですよ。
見た目といい、性格といい…絶対に誠志の方が良いと思うのに主人公を選ぶ辺り、類友なのかもしれませんね。
一章の中盤の回避不能なエロシーンから常に主人公の頭の片隅に残り続け、「あの時の出来事」として悩ませ続ける辺り、出番や諸々で、裏ヒロインと言っても差し支えない人でした。
お婆ちゃんといると話し方が変わったり、主人公と打ち解けると話し方が変わったり、そういう部分は話し方変わりフェチとしては凄く可愛かったです。


『ユキルート』
ロリルート。
結構出生が陰鬱な子。
…なんかそれしか印象になくて申し訳ない。
前の楓子と次の菜穂がインパクト強すぎた所あります。
(さらに彼女のルートから派生する楓子闇EDが強すぎた)
彼女の母親の事を考える時に、父親との事を思い出す描写は好きでした。
あれで若干「家の事放置しすぎじゃね?」となってた両親(父)の事を知れて、少しは父親の立ち位置の落とし所が多少掴めました(多少ですが)。
ですが、もう少し主人公と父親の関係は描写されて良かったんじゃないかなとも思います。
あまりにも家の事に関わり無さ過ぎてただたまに出てきて、今までの生活に口を出すだけの人になってたので。
過去回想でもいいので、もう少し、主人公と主人公の両親のいきさつを色々と見たかったです。


『菜穂ルート』
EDに全てをかけたメインヒロイン。
楓子が目立つとはいえメインヒロインなので、彼女を好きでないと、この物語をクリアするのは困難になると思います。
というかこのゲームは楓子と菜穂が好きでないとプレイはそうとう辛いかと…
プロローグが彼女とのエロから始まる訳ですが、彼女のルートに入らないとそのエロ自体が無くなるので、「あのプロローグは…?」となります。
話の流れも分かりやすく彼女の病気がメインで、病態が進行していきます。
「病気なのに病院抜け出すなよ!」と昔の携帯小説レベルのツッコミが沢山あるルートではありました。
しかし、とにかく最後です、ED後のエピローグに全てが詰まってました。
この時代はおそらくKey黄金期で、奇跡やら何やらが流行ってたと思うのですが、そんな奇跡は一切起こらず。
「病気は治った、しかし、後遺症はあり、後遺症を残し全てを失った彼女を支え生きていく」というとても現実感溢れる終わり方をしていました。
攻略サイトで「菜穂のEDは衝撃的です」と書かれていて構えていたのに、驚きを隠せませんでした。
病気が治った事が奇跡なのかもしれません。
とはいえ、「現実と向き合い生きていく」そんな夕日に向かったEDスチルは本当に美しいものでした。
今まで、他ヒロインのルートや途中まではツッコミにツッコミを重ねて、物語自体も「分かりやすい展開だなぁ」くらいの印象で評価が低かったのですが、このEDで自分の中の株が一気に上がった気がします。
…私はこういう「辛い現実を見つめる、辛い現実に向き合う」ような終わり方をする話が好きなんだなとつくづく思いました。
ただ、ツッコミ所としては他のヒロインのルートだと普通に助かるので、その辺りが「関わらない方が幸せになれるじゃん!!」と思ったりもしました。
そういう意味でもラスト推奨ですね。
最初に菜穂ルートに行くと、他ルートで普通に助かるので、あのED曲がショートverで途切れず、二番まで続きエピローグに入る、あの演出の儚い雰囲気が他ルートに行くことで薄まってしまうと思うので。
とにかくあのEDを見れただけでプレイした価値はありました、有難うございます。



そういえば、途中で楓子ルート以外で店に来る背筋のピンとしたお婆さんは楓子のお婆さんだったのでしょうか?
だったら楓子ルート以外ではお婆さんが元気だったり、菜穂ルート以外では菜穂が助かったり。
…逆に考えれば、主人公がこんな奴なので、主人公が関わらない方がヒロインも幸せになる…みたいな暗示が込められていたり…思い過ごしでしょうか。
本人のルート以外では幸せになってるかも?と考えると色々と闇が深そうだなと思いました。



※ゲームの攻略で検索される方がいらっしゃるみたいなので参考にさせて頂いた攻略サイト様を失礼します。
 参考攻略サイト様:You's Funky Station 様
http://www.eonet.ne.jp/~you-m/
 Stay ever… ~約束なんてできない~ ページ
http://www.eonet.ne.jp/~you-m/games/sa/stayever.html